• Admin

第1119回 経営者モーニングセミナー

最終更新: 2020年6月1日


講師:仙台宮城野倫理法人会 会長 県内レクチャラー 鈴木 憲司 様 テーマ: 「苦難福門」~ぼくらの時代~

鈴木会長が率いる宮城野倫理法人会は、県内MS出席社数で昨年12月度20単会中、3位(32社)を記録したとの事。2位の大崎34社(会員数238社)に次ぐ順位である。宮城野の会員数が90社である事を考えると、驚異的な数字だと思う。2017年に71社まで落ち、70社を切ると行動旗の返還を迫られる。その瀬戸際まで追い詰められ、開き直るしかなかったという。開き直るとは心を開くと理解し、良いと思う事は何でも実践した。その結果、立石MS委員長はじめとする本気のメンバーが徐々に現れ、現在に繋がったという。長期にわたって会員不足が続いてきた宮城野倫理法人会、今回は大きく伸びる気がする。本気の宮城野倫理法人会、『ガンバレ』と応援したい気持ちになった。

相談役 イチローネット 髙橋一郎


15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第1193回 経営者モーニングセミナー

講師:山形県倫理法人会 監査 法人レクチャラー ㈲布施弥七京染店 会長 布施 富將 様 テーマ:「役を知り、役に徹す」 本日の講話は昨夜に引き続き、山形県倫理法人会、布施富將監査でした。震災の年の9月に新しい単会を立ち上げたお話の中で、普及拡大を富士山に例えられ、裾野を広げると美しい山の形になるように、倫理の良さを伝えていかなければいけない・・・等のお話を頂きました。そしてお役を頂く事の大切さにつ

第1192回 経営者モーニングセミナー

講師:株式会社 Pallet (パレット) 代表取締役 羽 山 暁 子 様 テーマ:「社員と組織の幸せを両立する~これから時代に必要な『職場共同体感覚』とは~」 社員と組織の幸せを両立する「職場共同体感覚」とは?初めて耳にする言葉でした。羽山さんの軽快な講演の中で、2つの言葉が印象に残りました。ひとつは、「相手の関心に関心を持つこと。」そうすると、人は楽しそうにたくさん話をしてくれる。もうひとつは

第1191回 経営者モーニングセミナー

講師:(株)保坂 代表取締役 保坂 浩一 様 テーマ:『令和3年度・活動方針について』 倫理法人会において「役職」を受けるという事は、その時は本人にとって負担になるかもしれませんが、役を通して学んだ経験や出会いは、確実に自分自身の器を深めてくれるものであると、今回の講話で教えて頂きました。私も弱い人間なので、ついつい断る理由を探す癖がついておりましたが、重要な頼まれごとがあった時は自分の肥やしにな