• Admin

第1142回 経営者モーニングセミナー

更新日:2020年6月1日


宮城倫理経営塾第19期卒塾生報告会 報告者:

(株)仙北商会 鈴木淳市 様

菅公(株) 菅原 美紀 様

先ずは、鈴木さん、菅原さん、卒塾おめでとうございます。私にとってお二人は、知己朋友ですので、非常に喜ばしく思っています。この経営塾の期間中は、苦しく、そして濃密な非日常の中で、倫理(みち)の一端に触れることができた六か月間であったと思います。今回、発表された経営理念において、私が感じたキーワードは、それぞれ「生活のプラットフォーム」と「多様性に光」です。双方ともに、これからの自社の在り方を端的に、そして美しく表現した言葉であると感じました。既に諸先輩方から聞いていると思いますが、塾が終わると、目が回るくらい仕事が忙しくなります。それは、あなたの「心が整う」ことにより仕事への態度がより良い方向へ変化するからだと思います。この「整った心」を大切にし、これからの社業、地域、そして家庭のために尽力して行きましょう!

朝礼副委員長 (株)千葉愍治商店 千葉 香一


30回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第1193回 経営者モーニングセミナー

講師:山形県倫理法人会 監査 法人レクチャラー ㈲布施弥七京染店 会長 布施 富將 様 テーマ:「役を知り、役に徹す」 本日の講話は昨夜に引き続き、山形県倫理法人会、布施富將監査でした。震災の年の9月に新しい単会を立ち上げたお話の中で、普及拡大を富士山に例えられ、裾野を広げると美しい山の形になるように、倫理の良さを伝えていかなければいけない・・・等のお話を頂きました。そしてお役を頂く事の大切さにつ

第1192回 経営者モーニングセミナー

講師:株式会社 Pallet (パレット) 代表取締役 羽 山 暁 子 様 テーマ:「社員と組織の幸せを両立する~これから時代に必要な『職場共同体感覚』とは~」 社員と組織の幸せを両立する「職場共同体感覚」とは?初めて耳にする言葉でした。羽山さんの軽快な講演の中で、2つの言葉が印象に残りました。ひとつは、「相手の関心に関心を持つこと。」そうすると、人は楽しそうにたくさん話をしてくれる。もうひとつは